告白を成功させるためにも、告白の仕方とタイミングを見計らいましょう。

成功しやすい告白の仕方と効果的なタイミング

 

女性に思いを伝える男性のピクトグラム

告白は仕方とタイミングで成功率が変わります。
ただし、出会い方や告白前における関係性によって方法とタイミングの重要性が大きく変わってきます。

 

たとえばマッチングアプリや友人・知人を介した紹介により、恋愛を前提に連絡を取ったりデートしたりしている関係であれば、告白前に脈ありなのか確認しないといけません。
告白する相手が事前に自分のことを恋人にするか考えているのが明白であれば、告白する前から9割以上は答えが決まっています。

 

同僚や同級生など普段から接することが多く、デートの誘いよりも告白が先になった方がいい場合は、告白の仕方とタイミングを慎重に考える必要性が高いです。

 

 

直接orLINE

LINEで告白するイメージ

告白の仕方は大きく分けて会って直接伝える方法と、LINEなど通話やメッセージで伝える方法の2種類があります。
成功する確率を高めるなら会って伝えることをオススメしますが、無条件でLINEより直接伝える方が良いとは言い切れません。

 

たとえば告白相手が自分のことを異性として全く意識していなかった場合、唐突に告白すると動揺されてしっかり検討してもらえないケースがあります。
また、緊張して声のトーンが普段と変わってしまうなど、良い雰囲気で上手に告白できなかった理由で断れるリスクがあります。

 

LINEは会って伝えるよりも誠意が伝わりにくい一面がありますが、恋愛初心者でも勇気を出しやすいです。
昨今はLINEのメッセージで告白する若者が増えていて、言葉ではなく文章で伝える最大の理由は気軽だからです。

 

会って告白するのは誰だって緊張するもの。
「今日は告白するぞ!」と意気込んでいても、会話の流れや緊張で実行に移せないケースがよくあります。
うまく告白できずに最適なタイミングを逃すのであれば、手段にこだわらずLINEで想いを伝えた方が恋人を作りやすいです。

 

 

 

LINEで告白する場合、音声通話・ビデオ通話・メッセージによって変わりますが、基本的には告白された相手が冷静に判断します。
(好意を持たれていないと即OKを貰えない)

 

雰囲気や演出など事前の流れにこだわり、直接会って素敵な告白をすれば好意を持たれていなかった相手でも一発逆転のOKを貰える可能性が高まります。
直接会って告白する状況を作るのが簡単で、緊張に負けず勇気を出せる自信があるなら直接告白した方がよいでしょう!

 

手紙での告白はNG?

 

告白手段のひとつに手紙(ラブレター)があり、LINEのメッセージより手書きの手紙にした方が有利だと考える人がいます。
たしかに誠意や本気度は伝わるかもしれないですが、手紙での告白は成功しにくいです。

 

手紙で想いを伝えた場合、相手は返答の伝え方に迷ってしまいます。
同じく手紙で返事を伝えるのも面倒ですし、LINEや会って返事をするのもタイミングに悩んでしまいます。

 

結果的に手紙で告白すると放置され、返事もないケースが多いので、オススメできません。
気軽に返事ができ、告白相手に無駄なストレス・悩みを与えない意味でも、手紙で告白するよりLINEのメッセージで伝えた方が成功しやすいです。

 

効果的なタイミング

告白のタイミングが掴めない男女

 

告白に効果的なタイミングは相手との関係によって変わりますが、基本的には気持ちが盛り上がっているなどお互いの意識が高まった時がベストです。
デートできる関係ならば、2回目か3回目のデートで告白するべきです。
2回目のデートに応じてくれるのは恋人になる可能性がある証拠で、告白しないままデートを繰り返すと相手の気持ちが冷めてしまいます。

 

マッチングアプリの出会いは、相手のことを知る目的で初デートに挑む人が多いので他の出会い方より+1~2回は多くデートした方がいいです。

 

 

 

告白を成功させるアドバイスとしては、効果的で最適なタイミングを待つのではなく自分で作ることです。
デートできるのであれば2回目か3回目のデートは雰囲気や演出にこだわるなどして、デート終盤に告白するとよいでしょう。
デートできないけど顔を合わすことが多い関係なら、視線を送るなど事前に相応のアピールをしておいた方がいいです。

 

例外的な事例として、別れや環境が変わるタイミング、一大イベントの後に告白が成功しやすい効果的なタイミングが訪れます。
告白に最適なタイミングの一例をご覧ください。

 

  • 卒業式
  • 学年が変わるタイミング
  • 夏休み前
  • いずれかが転勤する前
  • いずれかが退職する前
  • 文化祭や体育祭、(スポーツの)大きな試合の後など
  • 滅多にない2人きりになれるタイミング
  • ハロウィンが終わってからクリスマス前(街中がクリスマスモードになる時期)

 

直近で良いタイミングがありそうなら、そこに照準を合わせて準備するとよいでしょう。
良い時期にこだわり、告白する時期を後ろ倒しにするのはNGです。

 

相手に合わせることが大切

告白する仕方やタイミングに明確な正解はなく、告白相手や状況次第で変わってきます。

 

たとえば意中の相手が押しに弱いタイプで、とっかえひっかえに恋人を作っている人であれば、その人が失恋した直後に告白した方が有利です。
相手も恋愛初心者でドラマチックな雰囲気の人であれば、勢いで告白するのではなく事前準備をした上で素敵な告白をしましょう。

 

このほか、現在が仲の良い友達関係だとLINEで伝えても本気に捉えてもらえないリスクが出てきます。
相手の気持ちと立場、性格を考慮した上で効果的な告白方法・タイミングを考えてみてください。

 

TOPへ